今日からできる産み分けで女の子を授かるジンクス7選

SHARE

今日からできる産み分けで女の子を授かるジンクス7選

医学的には証明されていないものの、産み分けにおいて耳にしたり噂されているジンクスや迷信が気になる方は多いのではないでしょうか?

信じる、信じないは自分次第ですが、ジンクスを実践して少しでもで女の子を授かれる運気を上げられるのであれば積極的に取り入れたいですよね。

そこで、ここでは女の子を授かると言われているジンクスについて紹介します。

寝室が西向き


昔からよくいわれているものは、寝室が西向きにあると女の子が生まれるというものです。

寝室の場所が家の中で固定されている場合移動させるのは難しいかもしれません。ただ、どうしても西向きにしたい場合は西にある部屋に移動させてしまうのも手!?

ベッドを移動させる必要があるので旦那さんの手を借りる必要がありそうですね。

カーテンやシーツの色が明るめ


寝室のカーテンやシーツの色が黒色の場合は男の子、ピンクやベージュ、花柄系であれば女の子を授かるといわれています。

女の子が欲しい場合は明るい部屋にすると良さそうですね。

南枕で寝る


ベッドを置く部屋を動かせない場合、枕の位置を動かしてみてはどうでしょうか?

ベッドの向きを変える必要は出るかもしれませんが、寝室を丸ごと変える必要はないので寝室を西向きにするジンクスよりも楽ですね。

女の子を望む場合、南枕にしてみてくださいね。

実は風水でも同じことが言われていて、南枕にすると女の子を授かる運気をアップさせる方法とも言われています。

お父さんがコンピューター関係の仕事をしている


お父さんが電磁波を受ける仕事をしていたり、パソコンを膝の上にのせて仕事をすることが多いと精子が電磁波の影響を受けて女の子が生まれる確率が高くなったり、精子の染色体異常率が上昇すると言われていますが医学的な根拠はまだわかっていません。

ちなみにスマホをポケットに入れておくと精子の数が最大30%減るといもいわれており、妊娠率そのものが低下する可能性があるのでカバンに入れたほうがいいかもしれません。

バナナを食べる


バナナはアルカリ性のフルーツで栄養素も高いです。

男性がアルカリ性のバナナを毎朝食べると女の子を授かる…ともいわれていますが、これも都市伝説で科学的根拠はありません。

希望の性別のコウノトリキティちゃん

子どもを授かりたい方に人気があるコウノトリキティちゃん。

可愛いベビーキティ(青=男の子、赤=女の子)を持ったコウノトリのストラップです。

コウノトリのくちばしが折れた時に赤ちゃんを授かれるというジンクスがあります。

このコウノトリキティちゃん、3タイプほどあり本物、偽物といろいろあるのですが、本物のコウノトリキティちゃんは「くちばしの色が黒で、足が黄色のキティちゃん」です。

コウノトリキティちゃんに関しては、女の子のベビーキティを咥えているコウノトリを持つと女の子、男の子のコウノトリキティちゃんを咥えているコウノトリを持っていると男の子と、色と性別の一致率がなんと8割という驚異的なジンクスがあるんです。

特に体に対馬と書かれているコウノトリキティちゃんはよりご利益があるようです。

女の子を希望する場合は女の子のベビーキティちゃんをもつとおまじないにいいかもしれませんね^^

女の子を授かる性行為

性行為をするときの照明を電球にする
奇数日に性行為
沢山キスをして性行為をする

と言われ、1人目の時と違う場所で性行為をすると違う性が産まれるといわれています。

このように、女の子の産み分けに関する迷信やジンクスはまだまだきりがないほどあります。

確実なものではありませんが、性別が気になる人は昔の人の言い伝えを信じてみても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です