オーガズムで男の子・女の子の産み分けに成功する方法まとめ

SHARE

オーガズムで男の子・女の子の産み分けに成功する方法まとめ

男女の産み分けにおいて、膣内のPHを意識することは基本です。

男の子を授かりたい場合は膣内をアルカリ性に、女の子を授かりたい場合は膣内を酸性にする必要があります。

これは
・Y精子はアルカリ性の環境に強く、弱酸性の環境では弱る
・X精子は酸性の環境に強く、アルカリ性の環境では弱る

といった特徴を利用するためです。

女性の膣内のPHは通常酸性~弱酸性に保たれていますが「排卵日」と「女性のオルガズム」によってPHの傾きが変わってきます。

排卵日によるPHの変化

女性は排卵日が近くなると頸管粘液が増え膣内のPHがアルカリ性に傾きます。

頸管粘液は男性の性器の挿入をスムーズにする他、射精された精子が子宮内に到達しやすくする役割を果たします。

排卵日は最も受精しやすい時期なのでより妊娠しやすように体が反応している生理的反応とも言えます。

女性がオルガズムを感じることによるPHの変化

女性がオルガズムを感じるとアルカリ性の頸管粘液が大量に分泌され膣内がアルカリ性に傾きます。

女性側が濡れる、濡れないといった表現をすることもありますが、これは頸管粘液が分泌されているかされていないかの違いです。

頸管粘液は白濁した液なので女性がオルガズムを感じた後陰部を見ると白濁した液で覆われているのが見られます。

また1度の性交で女性がオルガズムを1回だけではなく2回感じるとよりアルカリ性に傾きます。

女性の膣内がアルカリ性に傾く時期やきっかけはこういったものが挙げられます。

ただし、女性の膣内のPHは簡単に変わりやすく元々の膣内のPHや頸管粘液の分泌量は個人差があります。

ある学者の膣内PHを測定した調査結果によると

通常の膣内の酸性度     pH3・8~4・2
最初のオルガスムスの直後  pH5・2~6・0
2回目のオルガスムスの直後 pH6・3~6・8

であった結果が出ています。

もともと酸膣内酸性度が強い女性の場合、2回オルガズムを感じたとしても、アルカリ性には傾かないことを示唆しています。

女の子ばかりが生まれる女性、男の子ばかりが生まれる女性もいらっしゃいますが、これは生まれつき膣内の酸性度がどちらかに強く傾いていることも影響している可能性がありそうですね。

男の子が欲しい場合

男の子が欲しい場合は排卵日に、さらに女性がオルガズムを感じるように性交を行うと膣内がよりアルカリ性に傾いてY精子が活発になる環境を作り出せます。

女の子が欲しい場合

女の子が欲しい場合は膣内が弱酸性である排卵日2日前ほどにあっさりとした女性が感じない(頸管粘液を極力分泌させない)性交を行います。

膣内のPHを考えた産み分けは女性だけでなく男性の協力も不可欠です。産み分けにおいて重要なポイントとなるのでぜひご夫婦で意識してトライしてみてください。

産み分けゼリーを使って成功率を上げられます

女性の膣内PHはころころと変わりやすいこと、そして男性が精液の薄さをントロールをしなければいけない手間は産み分けが失敗する原因です。

また、もともと膣内環境が希望する性別とは異なるPHに傾いている場合、オーガズムを感じたりライム洗浄をしてもPHが十分に偏らない可能性もあります。

産み分けゼリーは半強制的に希望の膣内環境に傾けることが可能なので、排卵日の測定や男性側の努力だけでは不安な方、1人目2人目と同じ性別を授かっている方に最適です。

当サイトでは産み分けゼリーのPH値試験を行い、どれだけ効果を期待できるかを調査しました。

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です