クランベリーサプリメントで女の子を授かれる確率はあがるの?

SHARE

クランベリーサプリメントで女の子を授かれる確率はあがるの?

クランベリーってどんな食べ物?

女の子が欲しいと願うご夫婦なら、クランベリーサプリを飲んだほうが良いといった話を聞いたことがある方も多いと思います。

そもそもクランベリーとはどんな食べ物なのでしょうか?

クランベリーについて調べたところ、クランベリーはツツジ科スノキ属の北アメリカで生産されている小果樹のようです。

大きさはサクランボほどで、サクランボよりもさらに赤い色をしているのがクランベリーの特徴です。

日本ではジュースやジャム、ドライフルーツにクランベリーが使われることがあります。

クランベリーサプリメントが女の子の産み分けに着目されている理由

クランベリーにはプロアントシアニジンキナ酸というポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールは酸性物質なので、クランベリーを食べることで膣内を酸性に傾け、女の子を授かるX精子が有利な環境にすることができると注目されています。

クランベリーサプリメントで得られる効果とは?

産み分けを実践されている方のブログやサイトを見るとクランベリーサプリメントを飲み始めてからおりものの変化に気づかれる方が多いです。

クランベリーサプリメントを飲み始めてから伸びるおりものが出なくなるという口コミをよく見かけます。

伸びるおりものはアルカリ性のおりもの。排卵日近くになっても伸びるオリモノが出ないということは膣内環境は酸性に傾いている可能性が高いのです。

膣内環境が酸性に傾けば当然女の子を授かりやすくなります。

クランベリーサプリメントの飲み方

クランベリーサプリメントは生理開始から排卵日までのみ、排卵したらお休みをします。

注意
クランベリーサプリメントは過剰摂取によって流産の可能性が高くなるので妊娠中や授乳中は控えるように言われています。

酸性にしたい気持ちからたくさん食べたくもなりますが、1日の容量を守るようにしましょう。

クランベリーサプリメントの信憑性は?

人間には恒常性があるたまえ食べ物によって簡単に人体の酸性度が傾くことはありません。

そのためクランベリーサプリメントを飲んで女の子を授かりやすくなるといった情報は信憑性にかけます。

ですが、アメリカでは高濃度のクランベリーを摂取すると女の子が生まれやすいといった統計が出ています。

女性がクランベリーサプリメントを飲んで膣内を酸性に傾けるとの同時に、男性はアルカリ性食品を食べるとより産み分け方法に寄り添った方法で産み分けが実践できるでしょう。

女の子が欲しい時に食べるとよいもの女性が食べるもの:クランベリーなどの酸性の食べ物
男性がだべるもの:野菜・果物・きのこ・海藻・大豆食品

ただし、クランベリーの摂取によって産み分けが成功する可能性は何もしなかった時と比較し3%~5%増えるくらいです。

つまり、クランベリーの摂取だけで産み分けが成功する可能性は極めて低いので、他の産み分け方法の併用がマストです。

女の子を授かりたいのであれば

女の子を授かりやすくするために膣内を酸性に傾けるのであればピンクゼリーの併用がおすすめです。
クランベリーで女の子の産み分け成功率が53%~55%ほど上昇するのと比較し、ピンクゼリーは女の子を授かる確率を70%まで上昇させることができます。
ただし、ピンクゼリーにも使いやすさやPH度合いが異なります。
当サイトではベイビーサポート、ハローベビー、ピンクゼリーを比較しているので、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です