産み分けで男の子・女の子が生まれやすくなる食べ物とは?

SHARE

産み分けで男の子・女の子が生まれやすくなる食べ物とは?

産み分け方法はいくつかありますが、普段食べる食材を意識して希望の性別を授かりやすいようにしようとする試みもあります。

私たちの体は食べたものによってできています。

その食べ物には酸性、アルカリ性があり希望の性別に合わせた食材を摂ることで産み分け成功率を上げられる…と注目されているのです。

では女の子と男の子を授かりたい場合、それぞれどんな食材を日々の食生活で取り入れればよいのでしょうか?

女の子の産み分けに意識したい食べ物

女性は膣内を酸性に傾けたいので、酸性の食べ物を食べ、男性はアルカリ性の食材を摂るようにします
女性:お肉、柑橘類
男性:野菜サラダ、ピーマン、こんにゃく、ゴボウ、なす
(お肉、野菜、トマトは避ける)

男の子の産み分けに意識したい食べ物

女性は膣内をアルカリ性に傾けたいのでアルカリ性の食べ物を立て、男性は酸性の食材を摂ります
女性:野菜、植物性食材
男性:お肉、動物性食材

酸性、アルカリ性の食材に関してはこちらの図を参考にしてみてください。

画像出典:http://ayustet.info/%E9%85%B8%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%82%BD/

また男性が射精30分前くらいにコーヒーを飲むと精子の動きがよくなる可能性があるのでこのタイミングでコーヒーを飲むと良いとも言われています。

ただし、精子の動きが良くても、カフェインを摂取していた人の精子の方が受精率が低かった結果も出ているため、日頃からカフェインを摂取し続けるのはあまりおすすめできないかもしれません。

食べ物で産み分けは成功するの?

精子は3ヶ月前から作られるので、産み分けを行う3ヶ月前から食べ物を意識する必要があります。

ただ、人間の体には恒常性が備わっており、食べ物でPHが傾くことは考えにくいとされています。そのため食事による産み分け方法に科学的根拠はありません。

それよりも女の子が欲しいご家庭の場合、男性は野菜メインの食事になるとそもそも栄養が不足して男性不妊になる可能性が出てきます。

精子の数、運動率、正常形態の精子がそろわなければ、そもそも妊娠自体が難しくなり産み分け以前の問題になります。

特に精子形成には亜鉛が必要です。食事内容を希望の性別に傾けた内容にするよりも、元気な精子が作られる栄養バランスを考えた食事内容にしたほうが賢明です。

また女性も栄養バランスが崩れると自律神経が乱れ、生理周期に乱れが出る可能性があります。生理周期に乱れが出ると排卵日測定が難しくなり産み分けに支障が出ます。

そのため女性側にとってもシビアな産み分けメニューはおすすめできません。

元気な赤ちゃんを授かりたいのであれば

男性側が食生活で気を付けるならアルコールを控える、加工食品を摂りすぎない、炭酸飲料を避ける、添加物を避けるといったことが大切です。

これらは精子の運動率や正常形態の精子数、運動率に悪影響を与えます。

また女性も妊娠しやすい体づくりのために、栄養バランスを考えた食事、適度な運動、睡眠、ストレスをため込まないとったことが大切です。

排卵日特定、精液の濃さをコントロール、性交のタイミング、体位などで希望の性別の産み分けが可能ですが、産み分けゼリーによって膣内を半強制的に希望の性別が授かりやすい環境にすることも可能です。

できるだけのことをしたい!という方は1ヶ月1,000円ちょっとしかかからない産み分けゼリーで後悔のない産み分けを行ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です