兄弟の性別に偏りが出るのはなぜ?

SHARE

兄弟の性別に偏りが出るのはなぜ?

女の子と男の子が生まれる確率は1:1とされていますが、兄弟構成を見ると綺麗に1:1で分かれているご家庭は意外と少なく感じませんか?

私自身3姉妹で育ち、夫は3人男兄弟です。友人も3姉妹、その旦那さんも3人兄弟。。

中には4人兄弟でみんな男の子!というご家庭も見かけます。

1回の出産で男の子が生まれる確率は50%です。つまり同じ性別が4回繰り返されるというのは6.25%の確率。こう見るとすごい確率です。

ただ、全員性別が同じ!というのはものすごく珍しいかと聞かれると意外にいたりするもので、綺麗に男の子、女の子が半々で生まれているというほうがむしろ少ないかも!?と思えてしまうこともあります。

女の子ばかり、反対に男の子ばかりが生まれるご家庭があるのを見ると、女の子と男の子が生まれる確率は1:1ですが、ご家庭によってはやはり女の子が生まれやすい、男の子が生まれやすいといった傾きはあるのかもしれないと感じずにはいられないですよね。

自分がすでに二人もしくは三人同じ性別を授かっていたら、もしかして次も同じ性別?…と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

実際、2人が同じ性別だった場合3人目も同じ性別を授かる可能性は75%と言われており、その「もしかして」は現実になる可能性が高いです。

ただ、これは遺伝的な要因によって同じ性別が生まれているのではなく、同じ環境で生まれる子どもであるということが同じ性別が生まれやすい理由です。

実際に同じ性別が立て続けに生まれると女腹、男腹と言われることがありますが、遺伝でどちらかが生まれ易いということはありません。

しかし、男性にも女性にもどちらかの性別を授かりやすい体質になっている可能性というものは否定できません。

女性の場合

画像引用:http://kenko-np.com/special_report/5329

女性の膣内は大腸菌の侵入や雑菌の繁殖を防ぐためにバルトリン腺液によって弱酸性に保たれています。

女性の膣内のPHは個人差があり、中には生まれつき膣内が酸性に強く傾いている女性もいらっしゃいます。

この場合排卵日になってもアルカリ性まで傾かず、女の子を授かりやすく、男の子が生まれにくくなります。

男性の場合

男性の精液中の精子のX精子、Y精子の比率を調べたところ、基本的にY精子が1,06倍ほどX精子よりも多いことが判明しています。(新しく精子が作られる時もY精子のほうが多くつくられます)

これはY精子のほうがX精子よりも弱く、卵子へたどり着く前に力尽きる精子が多いためです。ただし、だからといって男のが生まれやすいというわけではなく、Y精子が若干多いこの比率のおかげで性別が1:1の割合で生まれるようになっています。

また米国生殖医学会雑誌(Fertility and Sterility)に掲載された論文によると男性の年齢が55歳を過ぎると精液中のY染色体の量が減少し女の子が生まれやすくなる報告があります。

また男性が男兄弟だった場合、子供も男の子が生まれる確率が高いということが最近の研究によって判明しています。

注意
ちなみに精巣の温度が1-1.5℃上昇するとDNAが断片化した精子の割合が高くなるだけではなく精子濃度の減少、運動率の低下、正常形態精子が減少することが知られています。

そのため精巣の温度が上がりやすい生活習慣を送っている方、膝の上で長時間パソコン作業を繰り返す方はそもそも精子がダメージをくらい、男性不妊を引き起こしやすくなるのでご自身もしくは旦那さんが精巣の温度が高くなってしまうような生活習慣を送っていて子供を希望している場合は対処するようにしましょう。

胚盤胞の性別を調べたところ…

ある方は2人男の子だったため3人目は女の子を切望し、着床前診断で受精卵の男女比を調べたところ男:女=2:1だったとブログで報告されているい方もいらっしゃいます。

また男児の受精卵のほうが形態もよく、受精卵のグレードからみても男の子を授かりやすい状態だったようです。

ブログの投稿者はこれらの結果を見て間違いなく自分たち夫婦は男の子を授かりやすい体質だったと断言されています。

このような投稿を見ると、それぞれの性別を授かる可能性は1:1と言われているものの、やはりどちらかの性別を授かりやすい体質というものは存在しているように思えます。

希望の性別を授かるためには?

男性、女性の体質の他にも、その他の要因によって男の子もしくは女の子を授かりやすくなる要因はたくさんあります。

二人目、もしくは三人同じ性別だから次こそは違う性別が欲しいと思った時は産み分けをしたほうが無難です。

産み分けをするなら食べ物や排卵日特定、体位などの努力はもちろんですが、精子の選別に大きくかかわる膣内環境を整えることが最も重要です。

産み分けゼリーは膣内のPHを半強制的に変えて希望の性別を授かりやすくしてくれます。

当サイトではPH試験を行い、その結果をご報告しています。参考にしてみてください。

ピンクゼリーを比較!間違えてはいけない産み分けゼリー選び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です