バイオリズムによる産み分けは当たる?当たらない?失敗する確率は?

SHARE

バイオリズムによる産み分けは当たる?当たらない?失敗する確率は?

バイオリズムとは?

バイオリズムとは自分の誕生日を基準とする同じ振幅の正弦派で身体・感情・知性の3つのコンディションを表した周期のことです。

ウィーンの心理学者によって提唱されたもので身体は23日感情は28日知性は33日のリズムによってアップダウンを繰り返します。

毎日生きてると「今日は調子がいい!」という時もあれば「今日は調子が出ない」という時もありますよね。

これらは一定の周期で繰り返されるのでバイオリズムを調べると未来の自分の精神や身体の調子を知ることができるのです。

バイオリズムによる産み分け方法

バイオリズムを使った産み分けは、自分のバイオリズムを知り産み分けに最適な時期(コンディション)はいつなのかを判断する方法です。

バイオリズムで産み分けをする時は3つの周期のうち「身体」と「感情」の周期を使います。

【身体>感情】の時は膣内環境がアルカリ性=男の子が授かりやすい
【感情>身体】の時は膣内環境が酸性=女の子を授かりやすい

となります。

自分のバイオリズムを計算する方法は三角関数の知識が必要なので難しいです。

今は無料で自分のバイオリズムを調べられるので、こちらのサイトを参考にしてみてください。

生年月日と排卵予定日を入力することで男女の産み分け可能期間や確率が調べられます。
【男女産み分け バイオリズム表】

バイオリズムによる産み分けは当たる?当たらない?

バイオリズムによる産み分けの信憑性はどうでしょうか?

バイオリズムはあくまで膣内のPHがどちらからに傾きやすいかを表示しているものであって、必ずしも希望の性別を授かれる方法ではありません。

バイオリズム的に酸性の時であっても、排卵日が近ければ膣内環境はアルカリ性に傾きます。

バイオリズムによる成功率は7割ともいわれていますが、この根拠もまた不明瞭です。

バイオリズムの産み分けで女の子が欲しい場合は?

バイオリズム表を使って女の子の産み分けに挑戦する場合は自分のバイオリズムを調べ、【感情>身体】になっている時でかつ排卵日の2日前がジャストです。

ピッタリ重なることは難しいかもしれませんが、この環境に近い時がより女の子を授かりやすいともいえるでしょう。

ただしこのタイミングでバッチリタイミングがとれるかというと100%ではないですよね。

旦那さんの仕事が忙しくてタイミングがとれない、そんな雰囲気じゃなくなってしまった…なんて時もあるかもしれません。

産み分けをする場合、本来の半分ほどの精子量になるため通常の妊娠率よりも低くなります。

1周期1周期が大切なのでバイオリズムだけに惑わされずに排卵日の2日前にチャンスがあれば積極的に産み分けを行いましょう。

確実な産み分けをするために

産み分けは膣内環境のpHが最も影響してきます。

バイオリズムによる体の調子を見るのも一つの方法ですが、やはり確実な産み分けを実行するのであれば産み分けゼリーをつかった産み分け方法がおすすめです。

バイオリズムと合わせて産み分けゼリーを使って自分が希望する性別を授かる確率を極大限に高くしてくださいね。

ピンクゼリーのPH試験結果!間違えてはいけない産み分けゼリー選び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です