産み分けとストレスの関係性。ストレスで女の子が生まれやすくなる?

SHARE

産み分けとストレスの関係性。ストレスで女の子が生まれやすくなる?

「産み分け」と「ストレス」にはどのような関係があるのでしょうか?

2人目、3人目を希望してる女性の中には人間関係、仕事、育児など、ストレスを抱える人も少なくないでしょう。

またなかなかうまくいかない産み分け自体にストレスを抱えている女性も少なくないかもしれません。

実は妊娠前の女性が感じたストレスが性別の決定に影響をきたすことが学会で発表されています。

海外の研究発表

イギリスの発表によると妊娠前にストレスを抱えた女性は女の子を生む傾向があると研究結果によって発表されています。

ただ、これはストレスを感じると女の子が生まれやすいというよりも、男の子が生まれにくくなるというのが正解だそうです。

2011年9.11の同時多発テロで大きなストレスを抱えた女性は多かったはずです。このテロ後、ニューヨークで男の子の出生率が急に減少したのは有名な話です。

さらに他の研究ではイギリスで妊娠を希望する女性約300名にストレスと妊娠のアンケートを調査し、同時にストレスを感じると分泌されるコルチゾールホルモンも測定したところ妊娠前にコルチゾールの値が高い女性は明らかに女の子を生みやすいという結果が得られています。

その他デューク大学での研究結果によると「争いの多い夫婦の間では、男児より女児が産まれる確率が高い」という結果が得られています。

海外では確かにストレスが誕生する性別の偏りに関して影響を示唆する発表がされているのです。

どうしてストレスを感じると女の子が生まれるのか

人間はストレスを感じると副腎皮質からコルチゾールが分泌されますがこのコルチゾールがどう性別決定に関与するかは現在のところまだわかっていません。

ただ、コルチゾールは血糖値を高めることでストレスに対抗する免疫組織の活動を抑制し安定化させる働きがあります。

ストレスを感じると食べることでストレスを解消しようとした経験はありませんか?人はストレスを感じると食べることで自分を落ち着かせますが、これはまさにホルモンの影響です。

そして妊娠初期に高血糖の状態が続くと稽留流産や胎児の発育に影響をきたすことがあります。

また動物界ではオスよりもメスを残したほうが子孫を残せる安全な投資となり、厳しい状況に追い込まれるほど自然の摂理によってオスの初期の胚の自然流産が引き起こされることがわかっています。

これは人にも共通して起こるのかは解明されていませんが、動物の世界では種の保存として雌を残そうとする機能が働いてしまうようです。

ストレスによる産み分けは非効率

当たり前ですが、女の子を授かるためにストレスを感じるというのは産み分け以前の問題です。

ストレスを感じればそれだけ体の調子も悪くなりそもそも妊娠しにくい体になります。

ストレスによる性別の偏りが報告されているものの、その因果関係はまだ不明瞭で推奨されているものでもありません。

女の子が欲しい場合は、女の子を授かりやすくなる産み分け方法を実践して少しでも女の子を授かる確率をあげてください。

女の子の産み分けは男の子の産み分けよりも成功率が低く、難しいのが難点です。

女の子を授かるためには膣内環境を酸性に保つことがコツです。産み分けゼリーは半強制的に膣内環境を酸性に傾けるゼリーで1本1,000円ちょっとで手にすることができます。

「使っておけばよかったかな…」と後悔しないためにもできることはしてみてくださいね。

当サイトでは産み分けゼリーのPH試験を行いました。産み分けゼリーによってPHの傾きが異なることを確認しています。

産み分けを成功させたい方はぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です