産み分けをしないで女の子を授かる方法とは?

SHARE

産み分けをしないで女の子を授かる方法とは?

子どもの性別はどちらでもいいけど、女の子が生まれたら嬉しい。

相手が産み分けに反対しているから産み分けをしなくても女の子を授かる方法を知りたい。

など、自然に任せて女の子を出産した人はどんなことをして女の子を妊娠したのか気になる方も多いのではないでしょうか?

できれば女の子、絶対に女の子が欲しい!という人もどうやったら女の子を授かれるのか、少しでもその方法を知って取り入れたいですよね。

ここでは産み分けをしないで女の子を授かった方が、その周期でしたことについてご紹介します。

産み分けをしないで女の子を授かった人

まず、女の子を自然に妊娠した人は
排卵日を意識しない
ゼリーを使わない
オーガズムや挿入の位置も気にしない

と、何も意識せずに女の子を妊娠されます。(当たり前といえば当たり前ですが)

この方法で、女の子を授かる確率は50%ほどなんです。

また産み分けしなかったけど、女の子を授かったよ~!と報告している人も少なからずいらっしゃいました。

その報告によると

もともと女の子が欲しいなあと思って食べ物を意識したがストレスが溜まってやめた⇒ストレスがない生活を送るようにした。

30代前半と妊娠力が弱くない年齢で妊娠した。

性交をした日は排卵日ではなかった

といった内容でした(あくまでこの方の経験談です)

ストレスは妊娠率そのものを下げてしまうので、完全ではないもののストレスを少なくする心がけは大切です。

特に産み分けをすると通常よりも妊娠率が低下しなかなか妊娠できず焦りを感じたり、生理がくるたびに落胆してしまいがちです。

これがストレスとなり、自律神経に影響が出て排卵そのものがうまくいかなくなってしまうこともあるのです。

 

女の子を授かたったということは生命力の強いX精子が1番のりで卵子の透明帯を破って受精した結果です。

Y精子が多い中でそれを押しのけてX精子が卵子に受精したのか、そもそもライバル(Y精子)が少ない状態で受精したのかはわかりませんが、とても生命力に溢れた精子だったのは確かでしょう。

女の子を授かるためには?

世の中の女の子を出産した女性が全員産み分けをしたわけではありません。

何も意識せずに女の子を出産されたママも多いです。

X精子が受精した環境が整っていたことが女の子が生まれた決定打だったと考えると膣内環境をX精子に有利な酸性にしておくことは大切です。

ピンクゼリーは膣内を酸性に傾けX精子が有利な環境を作り出し、より多くが卵子と受精する場所(卵管膨大部)に到達できるように手助けします。

男性側に気づかれない産み分けゼリーを使いたいのであれば粘度が少ないピンクゼリーがおすすめですが、相手が反対しているから産み分けゼリーは使えないけど女の子が欲しい、という人は

排卵日当日の性交は避ける
オーガズムは極力感じない

など自分ができる努力はしてみてくださいね。