100%確実な産み分けをする方法はあるの?

SHARE

100%確実な産み分けをする方法はあるの?

「次はどうしても女の子がいい」もしくは「跡取りのため次は男の子を生まなければいけない」など、何がなんでも希望の性別を授かりたいと考えるご夫婦は少なくありません。

妊娠したらどちらの性別であっても後戻りはできません。

だからこそ「確実に産み分けできる方法があるのであれば実践して希望の性別を授かりたい」と思いますよね。

では、100%希望の性別を授かる方法はあるのでしょうか?

自力で産み分けをした時の成功率は?

何もしなかった場合、希望の性別を授かれる確率は50%。

産み分けを実践すると男の子を授かる確率は80%、女の子を授かる可能性は70%まで上がります。

しかしこの数字を見てからわかるように産み分けをしても希望とは反対の性別を授かる可能性が数十パーセント存在します。

つまり、巷で言われている産み分け方法を素人が行う限りでは100%確実に産み分けをすることは不可能です。

100%確実に産み分けをするためにはどうすればいい?

100%の確率で産み分けをするためには、受精卵の一つの細胞を取り出し、その細胞を検査する着床前診断を受けるしかありません。

しかし日本では日本産科婦人科学会の規定において希望の性別を授かりたいという理由で着床前診断を受けることは禁止されています。

ただ、PGD(着床前遺伝子診断)といって遺伝子の異常がないかを診断する検査は特定に患者さんのみ、認定施設において検査を受けることができます。

では希望の性別を授かりたいという理由で着床前診断の検査を受けることはできないのか…というと、そういうわけではありません。

以前は着床前診断が可能なアメリカやタイに渡航し、検査を行って希望の性別である受精卵を子宮内に戻す方法が行われていましたが、現在では凍結した受精卵を海外に移送し、着床前遺伝子スクリーニングを行う企業も存在しています。

つまり、多大な金額と時間はかかるものの日本国内にいながら100%産み分けができる着床前診断を受けることが可能なのです。

コストはおよそ数百万円がかかるため金銭的なハードルが重くのしかかりますが、それでも産み分けをしたいご夫婦はこういった企業に産み分けをお願いするのも一つの方法です。

100%確実な産み分けを自力で行うためには

自力で産み分けを行い可能な限り希望の性別を授かる確率を上げる方法は、希望の性別を授かるためにできる方法を実践するのみです。

特に膣内のPHをコントロールすることは産み分けの基本ですが、女の子を授かる産み分けゼリーの場合PH試験によってジュンビーのピンクゼリーのみ酸性に傾く試験結果が得られています。

信頼性からみても女の子を授かるために産み分けゼリーを購入する時はピンクゼリーを購入してくださいね。