産み分けは顕微授精でも可能?

SHARE

産み分けは顕微授精でも可能?

顕微授精(ICSI)は自然妊娠が難しく、人工受精のステップアップもしくは旦那さんの精液所見が極端に悪い場合取り入れられる体外受精方法です。(精子の数が極端に少ない、精子の運動率が悪いなど)

またIVFを行い、受精障害ですべての卵子が受精しなかった場合も次回から顕微授精適応となります。

顕微授精は人の手によって精子を卵子に注入して受精させるので、精子が1匹いれば子どもを授かる可能性を持たせてくれる画期的な高度生殖医療技術です。

この顕微授精で子供を授かった場合「男の子が生まれる確率が高くなる」とも「女の子が生まれる確率が高くなる」といわれて、情報が混在している状態です。

顕微授精をすることになったけど、どちらかの性別が欲しいと思っている場合は、どちらが本当なの?と気になりますよね。

ここでは顕微授精で産み分けが可能なのか、どちらの性別が授かりやすいのか、真相を調べてみました。

顕微授精で選ばれる精子が男の子の説

顕微授精を行う時は、元気がよく形態が良好な精子を胚培養士が目視によって選びます。

たくさんの精子が動き回っている中でも、最も直進運動を行い、DNAを含んだ先端部分が綺麗な精子を選ぶので、動きが早いY染色体が選ばれる確率が高いという説があります。

受精卵のグレードの良さの違い

顕微授精を行い、胚移植を行う際は受精卵のグレードが良いものから選びます。

複数個受精卵が育つと、培養日数が長くなるにつれて受精卵のグレードに差がつき始めます。

グレードが良い受精卵のほうが妊娠率が高いため、胚移植を行う際は5AA、4BBなどグレードが良いものから胚移植されます。

この際、男の子の受精卵は成長が速いため、早く大きく育った移植される受精卵は男の子である可能性が高いといわれています。

医学的根拠

海外の論文では顕微授精で生まれる胎児は体外受精に比べ女の子が多くなり、胚盤胞移植では男の子が多くなるという報告がされています。

ですが、顕微授精をするとどちらか一方の性別を授かりやすくなるといった医学的根拠はありません。

顕微授精で精子を選ぶ時も精子を見てどちらの染色体をもっているかなどは胚培養士もわかりません。

あくまで動きと形態だけを見て精子を選ぶので、どちらか一方に性別が大きく傾くということも考えられにくいのです。

顕微授精で産み分けは不可能

顕微授精を受ける際、男の子が欲しい、女の子が欲しいといった希望があったとしても、どちらかの性別を意図的に選ぶことはできません。

また顕微授精は高度な医療技術を必要とし、妊娠出産までに幾度も試練を越えなければいけません。

子どもを授かれたら万々歳の世界ですので、まずは元気な赤ちゃんを授かることを意識して不妊治療に励んでくださいね。