重曹を使って男の子の産み分けをする方法

SHARE

重曹を使って男の子の産み分けをする方法

スーパーやドラッグストア、100均でも手に入る重曹。お菓子作りや掃除にも使われることから私たちの生活になじみ深く、家のどこかの棚の中に入っているご家庭も多いのではないでしょうか?

重曹はアルカリ性の粉ですが、この特徴を生かして男の子の産み分けを実践される方も多いです。

ここでは重曹を使った男の子の産み分け方法についてご紹介します。

重曹で男の子を授かれる理由は?

男の子を授かるためにはY精子が卵子と受精する必要があります。

Y精子はアルカリ性の環境に強く、酸性の環境に弱い特徴があります。

つまり、男の子を授かりたい時はもともと酸性に傾いている膣内を中和し、アルカリ性に傾けY精子が有利な環境を作る必要があります。

そこで注目されたのが弱アルカリ性の性質を持った重曹です。

重曹の安全性は?

重曹は食品としても使われているので体に害はありません。

重曹による産み分けで副作用が出たと報告も今のところなく、昔から行われていた方法なので安全面については特に問題はありません。

入手場所

重曹は食品用と掃除用があり、産み分けに使用する場合は食品用の重曹を購入してください。
ドラッグストアやスーパーでもベーキングパウダーとして販売されています。

重曹水溶液の作り方

重曹小さじ山盛り1杯を180mlのぬるま湯で溶かす
スポイトで重曹液をくみ取り膣内を洗浄
もしくは
性交前に重曹液を膣内に注入する
注意
膣内は細菌感染を防ぐためにPHが保たれています。自作した重曹水溶液を体内に入れることで雑菌の混入、デリケートな膣内の環境悪化を引き起こす可能性もあります。重曹水溶液を作り膣内に入れる時は、滅菌されたものを使用し、衛生面に気を付けてください。

膣内は入り口だけではなく中まで洗浄する必要があるので、ドラッグストアで販売されているプチシャワー・セペなどがおすすめです。

Amazonでも購入できます。

重曹液を使った産み分けのメリット・デメリット

メリット

安価で産み分けにトライできる

デメリット

PHの調整が難しい(アルカリ度が強くなると肌に影響を及ぼす)
手間がかかる
雑菌の混入のリスク
自作のため成功率が低い
失敗率が高い
ベッドが水で塗れる可能性あり

重曹を使った産み分けの成功率は?

重曹を使って膣内洗浄を行い産み分けをした時の成功率はどのくらいでしょうか?

実は重曹を使った産み分けの成功率はそれほど高くありません。産み分けゼリーを使った成功率と比較すると同じない程度です。

何よりも実践するとなると手間がかかり、手間をかけた割りには成功率が低いのです。

産み分けゼリーを使わずに手軽に産み分けに挑戦したい方向けの方法ですが、PHの強さや水濡れなどに注意する必要があります。

男の子を授かるために注意すべき7つのポイント!