無痛分娩エピソード(2017年3月出産)

SHARE

無痛分娩エピソード(2017年3月出産)

当サイト管理人を務めております私は初産である第一子を無痛分娩で出産しました。

これから出産にするにあたって、自然分娩にしようか無痛分娩にしようか悩まれているママも多いと思います。

そこで私の無痛分娩体験談をご紹介します。

みんなの男女産み分け体験談はこちら

無痛分娩にしたきっかけ

私が無痛分娩にしよう!ときめたキッカケは義姉が無痛分娩で出産したからです。

義姉はもともと自然分娩をする予定でしたが陣痛の痛みに耐えることができず、急遽途中で無痛分娩に切り替えました。

それからは2人目、3人目も無痛分娩で出産しています。

義姉からは「絶対無痛分娩のほうがいいよ!」と言われ、出産の形に特にこどわりがなかった私は「陣痛の痛みに耐えられる自信がない」というのもあり、迷いもなく無痛分娩を選びました(笑)

今となっては無痛分娩にしてよかったと心から思います。自分がどれだけ痛みに弱いか、どれだけ陣痛が大変かを出産してから体験したからです。

陣痛~出産

まず、無痛分娩といっても全く痛みを感じない、ということはありません。

私が出産した産婦人科は子宮口が4cm開いてから麻酔をするので、あくまでそれまでは自分で耐えなければいけません。

39週6日(予定日1日前)の午前1時過ぎに少しお腹が痛くなり初め、はじめは20分~30分間隔でしたが午前6時頃には10分間隔になり、病院に到着。

その時点で陣痛がくるとかなり痛かったのですが、子宮口はまだ1cmしか開いてませんでした。ですがまだこの頃は会話をすることができました。

それから数時間経過した頃、会話ができなくなるほどの陣痛に苦しみ、この時点で子宮口が4cmほど。

この時点で子宮が破裂したような痛みに耐えており、痛みで呼吸もままならなかったように思います。

その後助産師さんに早く麻酔を打ってほしい懇願し、分娩室に移動して硬膜外麻酔を打ってもらいました。

硬膜外麻酔を打つ時は背中を丸くして針を刺しますが、陣痛でお腹が痛い中背中を丸めるのも辛く、陣痛の痛みで針を刺す痛みもわからず(かわいいくらい?)、麻酔を打ってもらう前もなんだかんだで地獄でした。。

そしてなぜか体が寒くて寒くてブルブル震えて「寒い、寒い」と言っていたのを覚えています。(室温は27℃設定で主人は暑いくらいだったようですが…)

麻酔を打ってからは痛みが徐々に引いていき、陣痛が弱く感じ会話ができるくらいになりました。

途中ウトウトしてしまうほどです。

ただ、陣痛はしっかるとくるので痛みはあります。全く痛みがなくなるといったことはなく、陣痛が来るたびに痛みに耐えて赤ちゃんが下りてくるのを待ちます。

赤ちゃんの頭が見えるくらいになると痛みもピークで陣痛の度に力みました。

何度もいきんで何度もいきんで、それでも赤ちゃんがなかなか出てこれなかったので、最後は吸引分娩で出産となりました。

陣痛が10分間隔になった早朝6時から約10時間後の16時過ぎに誕生しました。

途中会陰切開をしましたが、麻酔が効いてるのでこの痛みは全くありませんでした。

出産後

無事我が子の産声を聞いてホッとした後は、分娩代の上で会陰切開部分の縫合、子宮収縮剤の点滴が始まりました。

縫合はもちろん痛みはありません。ですが、子宮収縮剤がもう痛くて痛くて痛くて痛くて涙が出るほどでした。

本気で点滴辞めてほしいと助産師さんに伝えましたが、これは打たなくてはいけないと怒られました。

子宮の上に子宮収縮を促すための氷枕のようなものも置くのですが、これは痛みに耐えられずよけてしまいました…(助産師さんごめんなさい…)

そんなことをしていたので私は子宮の戻りが遅く、子宮が元に戻ってからもらえる痛み止めの薬もなかなかもらえず、出産したその日の夜は会陰切開部分の痛み(麻酔が切れてからはかなり痛みます)、子宮収縮の痛みで寝られず痛みに耐えたまま朝を迎えました…。

私は出産をしたら痛みから解放される!と思っていたので、出産後のこの痛みは本当に辛いものでした。

鼻からスイカと言いますが、本当にいいたとえだと思います。

母乳は出た?

無痛分娩だと母乳は出るの?と不安になるママもいらっしゃると思いますが、無痛分娩でも母乳は出ます!

私は完母で息子を育てられました!なので無痛分娩を選択したら母乳育児ができないということはないので、安心してくださいね。

母乳を出すために大切なことはとにかく吸ってもらうこと。

出産翌日から乳首を吸わせることでホルモンが刺激されてどんどん母乳が作られます。

母乳で大切なのは「どういった出産スタイルをとったか」ではなく「産後赤ちゃんにどれだけ母乳(乳首)を吸わせるか」だと思います。

もちろん、初めからビュンビュンでるということはなく、初めはほとんど出てませんでした。

でも、それでもとにかく赤ちゃんに吸わせる。足りてない分はミルクで足す。それを何日も繰り返すと、徐々に自分の母乳が出るようになりました。

無痛分娩の費用

無痛分娩を選択すると当然麻酔代として費用が上乗せされます。

私が出産した産院では+8万ほどだったと思います。

ただ、吸引分娩だったので医療保険が使え、半分ほどは戻ってきました。

無痛分娩体験談まとめ

無痛分娩にしたらそこまで痛みを感じず、うーん、うーんといきんだら、ポンッ!と生まれるものだと思っていた私には壮絶な2日間でした。

ただ、無痛分娩を利用してこの痛みと苦しみだったので、自然分娩する人はどれだけ痛みに耐えているんだろう…と思うと本当に偉大だと思います。

「無痛分娩=痛みが全くない」というわけではないこと、簡単で楽なお産なんてないこと、産後も痛みがあること。

脅すわけではないですが、無痛分娩を選んだ私でも想像を絶する痛みはあったので、ある一つの体験談として読んでいただければ幸いです。

自分が痛みが弱い、出産が怖い!という方は無痛分娩をおススメします。