男の子を授かるためにおすすめの食べ物

SHARE

男の子を授かるためにおすすめの食べ物

食べ物によって男女の産み分けをする方法は昔から知られています。

これは酸性の食べ物やアルカリ性の食べ物を食べることで体のPHをコントロ―ルする考えからきています。

男の子を授かりたい場合、女性の膣内をアルカリ性の傾けるためアルカリ性の食べ物、そして男性は酸性の食べ物を食べると良いと言われています。

男の子を授かりたい時に意識したい食べ物

女性側

【アルカリ性にする食べ物】
うどん、なす、そば、ごぼう、そうめん、きゅうり、パン、ピーマン、コーンフレーク、じゃがいも、豆腐、納豆、油揚げ、こんにゃく

野菜はほとんどのものがアルカリ性なので、サラダなどにして摂取するのがオススメです。

酸性度が強い柑橘系の果物は避けます。

男性側

【酸性にする食べ物】
肉類、卵、白米、牛乳、バター、チーズ、 さつまいも、にんじん、大根 、トマト 、梨、さくらんぼ、みかん 、ぶどう、いちご、クランベリー 、チョコ 、クッキー、ほうれん草

これだけあればレパートリーもたくさんありますし、果物はそのまま食べたりスムージーにするのもよさそうですね。

肉は魚を食べた時よりも精液中の亜鉛濃度が高くなり精子の数が多くなる傾向があるのでややお肉多めでもいいかもしれませんね。

また男性がコーヒーや紅茶に含まれるカフェインを摂取するとY染色体をもつ精子が活発になるともいわれているので、性交渉の30分程度前にコーヒーを飲んでおくのもオススメできます。

栄養バランスを重視することが一番大事

産み分け成功率を少しでも高めるために、食べ物も気を付けよう!という精神は素晴らしいです。

ですがいくら男の子の産み分けにいいからといってこれらの食材ばかりで栄養バランスが偏るのでは本末転倒です。

また食べ物で体質改善をするためには最低3ヶ月は期間が必要です。妊娠するまでにこれらの食材ばかりを摂るのも、違うメニューを作るのも簡単なことではありません。

元気がよい精子をたくさん作り出すには3食バランスよく食べ、その中でこれらの食材を意識して取り入れること。

授精できる精子をつくられなければそもそも妊娠ができないので、元気な精子を作るために体の健康を第一に考えたメニューを作ってあげてくださいね。

食べ物による産み分けには科学的根拠がない

食事による産み分け方法は科学的根拠はありません。

人の体は中性で生活習慣や食生活によって多少PHが傾くことはあっても、産み分けに直接成功するほど臓器が傾くことはありません。

お医者様の中でも「食べ物による産み分けはほとんど効果がない」というのが大半の医師の見解です。

なので食べ物による産み分けは「おまじない程度」ほどにしましょう。

男のを授かりたい時は食べ物よりも「リンカル」の服用がおすすめです。

リンカルを飲んで男の子の産み分けをしても失敗することはあるの?

産み分け成功率を高めるためには

産み分け成功率に直接かかわってくるのが女性の膣内環境です。

簡単に変わってしまう女性の膣内のpHをしっかりと希望の性別が授かりやすい環境に傾ける産み分け成功率をアップさせることが可能です。

当サイトでは産み分けゼリーのPH試験、比較によってあなたにぴったりの産み分けゼリーをご紹介しているので参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です