子供の障害の関係

産み分けゼリーを使って女の子の産み分けを実践するご家庭が増えた今、産み分けゼリーが原因で障害になったりしないの?と気になるご夫婦も増えています。

希望の性別を授かりたいのはもちろんだけど、その前に健康な子が生まれてくるのが1番大切ですよね。

産み分けゼリーが原因で子供に障害が出てしまうなんてことは絶対に避けたいところ。

では産み分けゼリーが原因で子供に障害が出る可能性はあるのか、その真相について調査しました。

子供の障害って?

子供の障害にはダウン症、自閉症、アスペルガー症候群、先天性の奇形、遺伝疾患など様々なものが挙げられます。

障害が起きる原因

子供の障害は胎児期の遺伝子変異や染色体異常周産期の出産前後の事故による脳障害出生後の感染症や外傷などが原因として挙げられます。

ピンクゼリーを使って産み分けをする場合、一番気になるのはゼリーを使うことで精子に遺伝子変異、染色体異常が起こるリスクはないのか?ということだと思います。

染色体異常がおこるタイミング

例えばダウン症の場合、卵巣内にある卵母細胞が卵子になる成長段階で減数分裂がうまくいかず、染色体分配に誤りがでることが始まりです。

なぜうまく減数分裂がうまくいかなかったのか、というと卵子の老化が原因に挙げられます。

つまり、ピンクゼリーを使用する前に、すでに生殖細胞自体が障害を持って生まれる可能性を秘めているということになります。

産み分けゼリーの成分・安全性

産み分けゼリーには精製水、保湿成分、粘液、ph値調整、保存料が組み合わせて作られています。

PH値調整には塩化ナトリウムとクエン酸ナトリウムのいずれかが使われ、これらはどれも食品で膣内にいれても体に害を与えることはありません。

また精子がこれらの成分の影響で遺伝子変異や染色体異常になってしまうといったこともありません。

産み分けゼリーで障害児が生まれた報告

産み分けゼリーが原因で障害児が生まれた報告は1例もありません。

産み分けゼリーを使って子供を授かり、生まれた子供が障害児だった場合、それは産み分けゼリーが原因だったのではなく、先天的な染色体異常が原因です。

産み分けゼリーと障害の関係まとめ

産み分けゼリーが原因で子供が障害を抱えて生まれた症例報告はなく、産み分けゼリーそのものが精子や卵子に影響を与えることもありません。

つまり「産み分けゼリーを使うことで障害児が生まれる」という心配は不要なので、安心してくださいね。

産み分けゼリー比較ランキング|成功率・安全性・使用感を徹底比較 トップページへ戻る