安全性を比較!どれが1番安心して使えるの?

SHARE

安全性を比較!どれが1番安心して使えるの?

産み分けゼリーを使う時に重要視して選びたいのが「安全性」についてです。

命に関わるものなので自分への安全性はもちろん、いづれ授かる赤ちゃんにも影響をきたさないことが大前提ですよね。

そこで、ここでは産み分けゼリーの安全性を調査し、また最も安心して使える産み分けゼリーはどれなのか、各社産み分けゼリーの安全性への取り組みを比較してみました!

産み分けゼリーは安全なの?

まず、産み分け―ゼリー自体そのものが安全なのかどうかを確認していきましょう。

産み分けゼリーを使う時に気になるのが

  • 子供への影響(障害がでないかどうか)
  • 母体への影響

だと思います。

産み分けゼリーの子供への影響に関しては、こちらの記事を参考にしてみてください。

子供の障害の関係

また、産み分けゼリーには副作用がありません。

したがって、産み分けゼリー自体には危険性や副作用のリスクはないので安心して頂いて大丈夫です。

産み分けゼリーの安全性比較

産み分けゼリーの安全性は「成分」「製造方法」「使いやすさ」に関して調査しました。

成分の違い

産み分けけゼリーはPHコントロールをするためにいくつかの成分が配合されています。

成分によって皮膚や粘膜に影響をきたすことはないか、各社の成分をチェックしてみましょう。

 ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート
成分精製水
グリセリン
ヒドロキシエチルセルロース
乳酸
クエン酸ナトリウム
パラオキシ安息香酸メチル
エデト酸ニナトリウム
ヒアルロン酸ナトリウム

ポリアクリル酸Na
水溶性コラーゲン
アロエベラ液汁
クエン酸
リン酸
EDTA-2Na
安息香酸Na

プロパンジオール
乳酸
ヒアルロン酸Na
レモン果汁
チャ葉エキス
カルボマー
ポリアクリル酸Na
塩化Na
BG
水酸化K
クエン酸
フェノキシエタノール
安息香酸Na

ズラッと成分だけ見てみてもよくわからないですよね^^;

ピンクゼリー、ベイビーサポ―ト、ハローベビーガールはどの会社も成分をネット上に公開しています。

各社、共通成分の他に独自成分を配合していますが、1つ1つの成分はそれぞれ安全性が高いことが確認されている成分で、どの会社も体に害を与えるリスクがある成分は配合されていません。

その他、各社安全性に対する取り組みは以下です。

各社安全性への取り組み

ピンクゼリー:唯一管理医療機器として承認
ハローベビーガール:「皮膚一次刺激性試験」「眼刺激性試験」「急性経口毒性試験」の3つの安全性・毒性試験を実施
ベイビーサポート:高機能設備で衛生・品質管理

産み分けゼリーは体内に入れるものなので、本来であれば「管理医療機器」でなければいけないのですが、ハローベビーガール、ベイビーサポートに関しては「雑貨」扱いです。

各社産み分けゼリーの成分による安全性の差はほとんどありません。

ですが、その他の安全性への取り組みは異なるので自分が1番安心できるポイントで選ぶと良さそうですね。

製造方法の違い

産み分けゼリーを作る際「どのような場所で」「どのようにして作られたか」というのも注目すべきポイントです。

製造方法について調査したところ、製造国はどの産み分けゼリーも「日本」です。

中国で安く生産!というわけではないので、その点は安心できそうです。

さらに、ベイビーサポートは医療業界向け製品の衛生環境下で製造されていることが公式サイトに掲載されています。

一方、ピンクゼリー、ハローベビーに関しては製造方法に関する記載はありません。

公式サイトから得られる情報を比較すると、より製造方法に力を入れているのはベイビーサポートと言えそうですね。

使いやすさの違い

いざ注入!といった時に、膣内に挿入して膣内を痛めてしまったなんてことがあったら大問題です。

リラックスして使えるか、ということも大切なポイントですよね。

使用時にすんなり使えるのかどうかは、形状を比較してみました。

各社の産み分けゼリーはそれぞれワンタッチで簡単に先の栓がはずれ、片手で挿入が可能です。

使いやすさに関しては好みが出ると思いますが、手が小さい女性がベイビーサポートを使用すると柄の部分が長いため使いにくさを感じるかもしれません。

またピンクゼリーは容器の形状や使いやすさを追求し、特許を取得しています。

女性がご自身で使うのであれば、ピンクゼリー、ハローベビーガールのどちらかがおススメです。

安全性の違いまとめ


ピンクゼリー、ハローベビーガール、ベイビーサポートの安全性への取り組みを比較してみましたが、いかがでしたでしょうか?

各社成分に関する安全性は大きな違いはありませんが、試験の実施や医療機器として承認されているかどうか、製造方法、使いやすさに関しては少しながら安全性に関する取組みに違いがあるようでした。

自分が1番安心して使えるポイントに着目して、各社産み分けゼリーを選んでみてくださいね。

産み分けゼリー比較ランキング|成功率・安全性・使用感を徹底比較トップページへ戻る